ホームに戻る

★★★ネットビジネスに関心があっても抵抗のある人には店長絶対のお薦め、凄い!!★★★


プロのシューズチェックを教えちゃいます!

年に20回以上、サンプルを履きにメーカーに出向きますが、 出来の良い靴と、悪い靴、たくさんあります。 ここで、こっそりプロのシューズのチェック方法を教えます。 是非みなさんも、店先でやってみて下さい。


1:かかとのチェック
シューズの心臓部、チェックはしっかり。
ヒールカウンターの大きさ、締まり。
かかとを包む感じのチェック緩いのは×。
アンクルパットとの相性厚すぎるのは×。
かかとの沈み
かかとボードの大きさチェック。
(インソールをはずす) 屈曲させた時にかかとが浮かない。
左右にローリングさせてもブレが少ない。
(あまり店でやるといやがられますが)


2:アッパーの締り
甲周りのフィット感とアーチの高さチェック。
ヒモをしめずにチェック。


3:屈曲部の屈曲ポイントチェック


4:ミッドソールの硬さ&前足部の厚み
プロは硬度計で測定 54±2度。(50以下は×)


5:つま先、トウボックスの高さ、あまり&天井の高さのチェック
つめ先のあまり具合と素材(硬い素材はマメになりやすい)


6:インソールのチェック 悪いインソールは交換も


総合評価
かかとのおさまりが良し、甲がフィットして、つま先に余裕があり、 屈曲させても当たるところがなく、アーチがずれていないシューズ。 そんな靴に出会えたらラッキー