このページは天然温泉だからこそ得られる効果や温泉療養するために知っておくべき注意事項をいくつか挙げてみましょう。


天然温泉の効果について見ますと含有成分による効果と変調効果の2つをあげることができます。

1.含有成分による効果

温泉中のガスやイオンなどが体内に吸収されて現れる効果です。温泉の成分が皮膚から吸収され、血液に入って全身にいきわたり、皮膚、皮下組織、筋肉などの細胞に作用すると同時に、神経系にも作用します。

2.変調効果

体内に吸収された温泉成分の刺激によってホルモンの分泌を調節する作用があります。

3.転地や気候による効果

日常生活やストレスからの解放や温泉地の自然環境が身体によい影響を及ぼす作用があります。


温泉療養するための入浴の方法をいくつか挙げてみましょう。

イ.入浴時間は泉温によって異なりますが、初め3分〜10分程度でなれるにしたがって延長していきます。

ロ.入浴後、身体についた温泉の有効成分を洗い流さないようにし皮膚から吸収させるに自然乾燥させることが望ましいです。

ハ.高血圧や動脈硬化症、心臓病については原則として高温浴は避けます。

ニ.食事の直前直後や飲酒しての入浴は避けましょう。


入浴のマナー 湊山温泉って?
お越し下さい 天然温泉 温泉分析書 アクセス トップ