トップページへ無料相談実施中→→→メール:oado@kcn.ne.jp  TEL:06-6714-6693  


ケーススタディー

二階リビングとしたプラン

一階の階高を出来るだけ押さえ、かつ足腰の衰えを補う為に、二階リビングとした案。
建物を敷地を45°傾けて出来た四方の空間をそれぞれ、駐車スペース・
見せる為の庭園・ユティリティースペース・菜園と意味づけして、趣味に、生活に、
維持管理に適度に時間を割いて頂くプラン。
普段生活するリビングは、明るく開放的な二階部分に設ける。 これは隣家が在宅中
でも一階と二階で住み分けすることになる為、窓を全開しておいても、プランバシーが
保てるメリットがある。

ホームエレベーターを設けた都市型プラン

都市型3階建てのプラン、一階リビング・二階個室・三階予備室としたレイアウト。
エレベーターは屋上まで昇る事が出来て、屋上菜園が可能となる。
ご夫婦の住み分けが可能でそれぞれ趣味に没頭することができる。

吹き抜けを通してファジーにつながりが持てるプラン

各階ともワンルーム形式で将来の二世帯住宅になっても対応できる可能性を残したプラン。
夫婦が家の何処にいても気配が伝わる。またトイレを無くし洗面所に便器を設けて
車椅子が必要になった時でも大きく改造することなく住む事ができる。