トップページへ無料相談実施中→→→メール:oado@kcn.ne.jp  TEL:06-6714-6693 

お客様との出会いから竣工までの、 タイムスケジュールです。

今までに、多くのお客様が手造りマイホームを体験しておられます 。

イベント

内容

期間

備考

きっかけはメールから

(メール相談)

通常ホームページをご覧になって、興味を持たれた方はメールを下さいます。一度のメールで終わる方。メールだけに留まらず、事務所に遊びに来られる方。様々です。


1ケ月

2ケ月
毎月々初めに一名様に限り、オリジナルプランをプレゼントしています、どうぞご利用ください。

夢への入り口です

(アトリエ見学)


遠方の方で無い限り、事務所に遊びに来て頂いています。
設計事務所がどの様な仕事をするのか創作活動の現場を見学して頂きます。

来て頂いたお礼にオリジナルプランを差し上げています。


1ケ月

2ケ月
こんなものを作成します。

ココまで無料で行っています。

夢を色々模索します

(基本設計)

オリジナルプランが概ね気に入って頂ければ、基本設計の作成にかかります。

オリジナルプランから、数度の手直しを加え、お客様の予算や、建築規制等も考慮しながら基本計画図面を仕上げて行きます。

完成した基本設計図書は、銀行への融資申込みにご利用でき、工務店さんに概算見積りをお願いすることが出来ます。
(概算見積り書は融資申込み金額の根拠となるものですが、工事金額を保証するものではありません。通常、実際の見積り金額と、1割程度の誤差が出ます)


1ケ月

2ケ月

基本設計のサンプルです

基本設計を完了して、諸事情で契約に至らない場合は、基本設計料として、5万円頂戴いたします。
そのまま設計委嘱契約を締結して頂ければ、基本設計料は発生いたしません。

夢を実現させる第一歩

(融資先選び)

金融機関に出向いて住宅ローンのご相談を行います。必要書類は以下の通りです。
所得関係(次のいづれか)
過去3年分の源泉徴収表(会社員)
過去3年分の確定申告あ(自営業)
本人確認書類(次のいづれか)
住民票
パスポート
健康保険証
物件関係書類
住宅地図(ご用意します)
土地謄本(法務局)
公図(法務局)
建物図面(ご用意します)
概算見積もり書(ご用意します)


1ケ月 金融自由化により融資内容が一律ではなくなっています。

多くの銀行に持ち込まれて、ご自分の事情にあった金融機関を選ばれると良いでしょう。

また、当社提携ファイナンシャルプランナーに、最も適した融資を斡旋してもらう事も可能です(有償)

パートナー選び1

(設計委嘱契約)

基本設計を基に資金計画を立てて頂き、住宅建築に問題が無ければ設計委嘱契約をして頂いております。

弊社は設計に際し、品質確保促進法に基ずく、住宅性能表示制度を活用致します。この制度を利用すれば住宅の性能を、第三者機関に客観的に評価してもらえます。
(住宅の性能が数値や等級で評価されますので、事前に設計者に性能に対する要望を、伝え易くなります)


-
弊社では床面積による設計料の料率を定めております。

契約時に契約料の30%を申し受けます。

夢を具体化していきます

(実施設計)

基本設計に基づき、建築確認申請や住宅性能表示制度の申請を行うと同時に、施主さんの要望を確実に施工者さんに伝える為の、実施設計図書を作成します。

実施設計図書を作成する事により詳細な見積りが可能になり、複数社に同じ条件で見積り発注する事が出来るため、適正な価格で適切な施工業者を選ぶ事ができます。


2ケ月

4ケ月
実施設計完了時に契約料の30%を申し受けます。

パートナー選び2

(施工者選定)

見積り発注に際し、現場説明会を開催します。現場説明会は設計図書では表せない、見積りに影響する諸条件を施工者に周知させる為に行う作業です。

見積り書が提出されますと、比較したり、見積り漏れがないかチェックして、最適と考える施工者を推薦します。


1ケ月
工務店さんは、お客様の知り合いの工務店さんに、見積りをお願いする事を、原則としていますが、ご希望があれば、工事内容に適した工務店さんを、ご紹介致します。
夢を実現させるために

(融資本申請)
施工業者さんを決めて工事請負契約を締結します。
その契約書を持って、事前審査で内諾を受けていた、住宅ローンの本申請を行います。

-

本来は本申請承認後の着工となりますが、工期の無い場合や、融資が客観的に見て確実な場合は、本申請の承認を待たず工事に着手する場合もあります。

徐々に姿を現します

(建設工事)

いよいよ工事着工です。
工事が始まると、工事現場に赴き、 建物が設計図書通りに出来ているか、工程通りに作業が進んでいるか、監理致します。

工事途中の検査の申請や、提出書類の整理、仕上げ材料の選定、施工図面のチェック等を行います。



5ケ月

6ケ月
通常、週に一回の割合で現場を監理します。
その他、上棟時・各検査時の立会いを行います。

夢が現実になりました

(竣工引渡し)

工事が完了し、各種検査が無事完了して、問題が無ければ、工務店さんから、建物が引き渡されます。



-
竣工引渡し時に契約料の残金を申し受けます。
いよいよあなたのものに

(融資実行)


引渡しが終われば建物を登記します。
登記簿謄本が上がりますとローンの融資実行です。

通常は銀行で行い、工務店さんにも立会ってもらい、その場で残金の支払いを済ませます。


- 通常であれば、引渡しと同時に融資実行するのが本来かと思いますが、書類上の関係で引渡しが慣例的に先行して行われています。

新しいお付合いの始まり

(ご入居)


ご入居後の日々のメンテナンスや不具合等を取り次いで工務店さんに連絡します。

工務店さんによりますが、最近は半年点検・一年点検を実施されているところもあります。



-

ざっとココまで出会いから通算しますと、1年〜1年半のお付き合いとなります。

これからが、ハウスドクターとしての新しいお付合いの始まりです。

末永いお付き合いの程
宜しくお願い致します。