トップページへ


安売り住宅メーカーの坪単価のカラクリ

最近、某有名住宅メーカーの見積もり書を入手しました。坪単価二十数万円で 派手な宣伝を繰り返しているあのメーカーです。
見積もりと云っても、一般の工務店が図面から数量を算出して拾い出す様な見積もり書ではなくA3の紙一枚に怪しげな数式が書かれてあり、オプション工事を含まなければ二十数万円の坪単価ですと云う、宣伝文句の言い訳の為の様な見積もり書でした。
次週よりその内幕を書いていきます。


坪単価の決め方。一般の人が受ける印象で坪単価とは、建物総額を延べ床面積で
割った金額、つまり、自分が思い描いている間取りの坪数に坪単価を掛ければ総工事金額が出ると思われているのではないでしょうか?
その金額で銀行に融資の相談をしに行ったりしてませんか?
ハウスメーカー各社さんが宣伝されている坪単価は建築本体工事の金額です。

建築本体工事自身も、建築主が描いた間取りではありません。メーカーがどれだけ安く出来上がるか練りに練った安く上げる為だけの間取りを標準間取りとしています。
それを標準間取りとして、そこから外れるものは全てオプションとなります。
二階にリビングを持って来れば○○万円の追加、二階にトイレをつければ○○万円の追加、と云う風に値段がどんどん上がっていきます。

で、建築本体工事さえ、メーカーの云う間取りで納得できれば、宣伝文句の坪単価で
建つのかと云うと、そうではありません。
土地に掛かる費用、水道引き込み金、外構工事費用、浄化槽工事、既設建物撤去費用等が含まれていません。

で、土地に関するインフラは全て整備されていて、一切費用が掛からなければ建築
本体価格で建てられるのかと云えば、まだまだそうではありません。
建物を建設するに当たり、必要な建築確認申請費、瑕疵保険料、電気引き込み申請料、住宅性能評価申請料、と云ったものが含まれていません。

ところが建築雑誌や、TVの住宅訪問番組等で示されている坪単価は、皆さんが想定
されている総工事費を床面積で割った数字が示されています。
つまり、坪単価は解釈の仕方次第で幾通りもの単価が存在するのです。

同じ条件で、坪単価の比較をすれば、安売りハウスメーカーの価格的な実力は、ブランド志向の大手ハウスメーカーの坪単価よりも安いものの、地場の工務店さんが提供する住宅の坪単価と良い勝負または、仕様次第では負けている程度の実力かと思います。

もう坪単価で建物を比較するのはヤメにしませんか。坪単価が存在する限り、あの手この手で詐欺同様の営業展開をする業者をのさばらせる事になりますよ。

ではどうすれば、夢のマイホームを適正な価格で手に入れる事が出来るのでしょう?

坪単価だけで建物の良し悪しを判断することは出来ません。床面積の捉え方、入居までに要した費用の、何処までを建設費と考えるかが統一されていません。

JARO(日本広告審査機構)も統一見解を出していません。

そんな状態の中で坪単価だけが一人歩きしているのです。
となれば自分で基準を造るしかありません。間取りや仕様をメーカーさん任せにする
のではなく、建築主サイドで全て決めるべきです。
「この図面の建物は幾らで出来ますか?」とハウスメーカーに訪ねなければ、公平に比較検討する事はできません。

となれば、設計事務所に設計を依頼して建築主の思いを図面化してもらうのが一番確実なのではないでしょうか?

同じ図面でもメーカーさんによって値段にかなりの差が出ます。
自分の得意とする工法や技能が多く図面化されていると安くなります。
不得意な工法やした事の無い内容が盛り込まれていればやはり高くなります。
でも建築主の思いを図面化した図面ですから、その図面で一番安く見積もれるメーカーさんが、一番適切なメーカーと云えるのではないでしょうか。

へ?

設計費用がかかる?

どこにお願いしても設計費用はかかりますよ。ハウスメーカーの設計担当者もちゃんと給料をもらってますよ。お客さんの目に費用が見えるか、経費として消えてしまってるかの違いですよ。

えっ?

ハウスメーカーならタダで提案してくれる?

チラシ広告にある様な間取りで良いんですかぁ?
設計事務所なら建築主の要望を、しっかりヒアリングして言外のニュアンスまで
間取りに表現できますよ。

げ!

ハウスメーカーの話しをしているのに設計事務所を持ち出すのは我田引水?

・・・・・

わかりました。じゃあ、設計事務所も介入せずに公平な比較検討できるものを考案
しましょう。
その代わり、建築主さんにも少し協力してもらいますよ^^

一般の工務店さんの出される見積書は総工費の見積もり書であり、安売りハウスメーカーさんが宣伝で謳っている坪単価は、付帯設備や敷地条件によるオプションを含まない単価で、単純に坪単価X延べ坪数では、ハウスメーカーさんの見積もり金額にはならない事がお判り頂けたと思います。

ご希望の間取りでご希望の仕様の建物をご希望の敷地に建てた場合、凡そどれくらいの総額になるのか知りたいですよね^^
ずばりそのものは難しいですが、大体の間取りで大体の仕様で大体の敷地条件を入力して工務店さんに相談するシステムを考案しました。

現在下記URLで間取り集を公開しています。

http://www.jin.ne.jp/oado/library.html

近日中に、この間取り集をリニューアル致します。この間取り集に数パターンの仕上げ表を用意しまして、建物の概算見積もりが取れる様にします。

そして、ここからがお手伝いして頂く事になるのですが、敷地情報を入力出来る概要を作って頂きます。概要書の基本となるものは此方で用意します。

平面図・仕上げ表・敷地条件が判れば概算見積もりを取る事が出来ます。
概算見積もり書をお願いする工務店さんがいない人は、週刊グリーンハウスの姉妹ホームページグリーンハウスに登録されている工務店さんをご利用下さい。

http://www.green-h.org/green_house/index.php/keywords/index


都道府県を絞り込んで、工務店をクリックすれば建設地の工務店一覧が出ます。
そこに、間取り集で得られる図面一式と仕上げ表・敷地情報を送れば
概算見積もりをしてもらえます。