トップページへ
工務店さんの協力で出来たローコストハウス。


 奈良市M邸
建築主さんの手記
工事中の写真
  



概要   :木造在来工法二階建て
延床面積:45坪(施工床面積)
総工費  :1600万円(35.5万/坪)
性能表示等級
耐震等級2(建築基準法の1.25倍)
耐風等級2(建築基準法の1.20倍)
火災等級1(建築基準法に適合)
劣化等級1(建築基準法に適合)
維持管理1(建築基準法に適合)
温熱環境2(旧省エネ基準同等)
空気環境4(JISE0・JASFc0相当)
光視環境19.4%
高齢者対策3
(住宅性能表示制度は高い等級を求める事に意味があるのではなく、第三者(評価機関)の評価を受ける事に意義があるのです)



建築工事には波があります。工事が集中するときは、次から次へと仕事が舞い込みます。
そう云う時は、手間賃も材料代も上がり気味で、ローコストハウスのあらゆる手法を用いても
思った程、効果が出ません。しかし状況が逆ですと、破格値で仕上がる場合があります。

私とクライアントの出会いがあり、たまたま、工事が途切れ、手の空いている工務店さんを紹介
出来たおかげで、皆さんが上手くいく誰も損をしないお付き合いでが出来ました。
解体工事・外構工事・諸設備工事込みで、坪単価35.5万円と云う価格は、いくら工務店さんの
倉庫に眠っている在庫品を一掃したからと云っても、破格値中の破格値です。
施工をお願いした
吉岡木材さんに感謝!!

住宅性能表示制度は、9項目に渡り、希望する性能を図面で施工者に伝えることにより
建物の評価を高めようとするものです。第三者機関に評価を依頼することにより、客観的
で確実な評価が得られます。


玄関
   
居間  
吹き抜け
キッチンと食堂
客間
  

吹き抜けと子供部屋


同室。反対方向から

吹き抜けを見下ろす



寝室

仕事を終えて

予算は限られているが、家族全員の夢が叶う家を・・・
が、依頼の第一声でした。ご主人は屋根と外壁に強い思い入れがあり、奥様は間取りの構成に関心を持っていらっしゃいました。屋根材は、折板や波板を除けばスレートが安価ですが、屋根に厚みを持たせたいとの希望から今回の三州瓦の選定となりました。外壁もサイディングが安価ですが、あえてご主人の希望である 湿式工法を採用しています。奥様は、お子さん(ご子息2名)との関わりを非常に大事にされました。今は子育てに追われていますが、長い人生から見て、子供が巣立つまでの間は、あっと云う間だから、少しでも長く子供の気配を感じていたいとの事でした。


基本的な間取りは、子供部屋とリビングは吹き抜けを通じてつながっており、廊下と子供室を隔てる仕切りもドアも無い間取りにしています。子供から個室を求められるまではこのままにするそうです。
家族同士でも一定の緊張感を持っていたいとの意向がありました。


外で緊張して生活しているのだから、家に帰ればリラックスしたいところだけど、風呂上がりに裸でウロウロされたくない。服は脱ぎっぱなしにされたくない。居間でゴロゴロ寝そべられたくない。
これらは、口で云っても聞いてくれそうもないし、云ってもケンカになるだけだから他人の目を借りようと云う事になって、居間には、二連の掃き出し窓を設け、道路から家の中がリビングはおろか、キッチン・食堂に至るまで全てが丸見えになっています。

これは凄い緊張感かもしれませんが、考えてみれば、居間はホテルのロビーみたいなものだし、リビングがいつも片付いている訳だから、ご主人にとっても結構快適かもしれません。


また、お父さんのだらしない格好を子供に見られなくてすむのだから、躾にも良いと思います。
家に一定の緊張感がある事は、いつまでも 夫婦の関係が新鮮で、倦怠期も訪れない事でしょう。  


ただ今のご主人の悩みは、新しい家の中で煙草を吸わせてもらえない事。
「何かエエ知恵おまへんやろか」の相談に


筆者曰く「煙草やめなはれ」



お施主さまのホームページ「キレイ屋さんのおすすめ まつよ」
http://www.rakuten.co.jp/matsuyo/

ローコスト住宅, 注文住宅, 大阪, 低価格住宅, 建築設計事務所, 外張り断熱, 住宅性能評価
ローコスト住宅, 注文住宅, 大阪, 低価格住宅, 建築設計事務所, 外張り断熱, 住宅性能評価