トップページへ
地震波と建物の関係

 2003年5月26日の宮城県沖の地震では、1105galという非常に大きな重力加速度が記録されました。しかし、この様な大きな加速度でも、ほとんど被害がありませんでした。このときの大船渡測候所の震度は6弱でした。
1995年1月17日の阪神大震災での重力加速度は、818galでしたが大きな被害となりました。このときの震度は6でした。当時の地震計は現在の震度計とは異なっていますが、これを今の計測震度を求める方法で計算すると震度6強に相当します。
グラフを見比べると、重力加速度の小さい阪神大震災の方が、地震波の周期が長い事が判ります。
これは、地盤の固さや建物の固有振動周期が地震波と共振し増幅された結果、大きな被害が発生したと考えられています。
地盤は固い程振動周期が短く、軟弱地盤程振動周期が長くなります。
構造物もコンクリートや石造は振動周期が短く、木造等は長くなります。これらの要因が地震波と共振した時に大きな被害が発生します。
高速道路やビルの倒壊が大きく報道された阪神大震災ですが、軟弱地盤の上に建っていた木造家屋の倒壊件数の方が遥かに多く、多数の死者を出す結果となっています。