トップページへ


借入れ方法を見直す

1、 住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)
  住宅ローンの定番。公庫建設基準と云う、独自の基準を設定し建物を
  一定品質にする事により、担保価値を高め安定した融資を長期間に渡り
  供給し、国民の住宅取得の要望に大きく貢献してきた。
  しかし、民間住宅ローンの充実・量的な住宅件数の確保達成と云った
  時代背景により平成19年4月より住宅金融支援機構に組織変更した。

2、 住宅証券
  住宅ローンを証券化し、それを購入した投資家が証券の口数に応じた
  元本及び利子の返済を受け取る制度。長期に渡り低利で安定した
  融資が可能になる。欧米ではごく一般化されたローン制度。保証料が
  不要で、固定金利にも関わらず低利の融資を受ける事が可能になる。


3、フラット35
  住宅金融支援機構が推奨している住宅証券の一種。
  銀行ローンに比べ長期固定で、低利の融資が受けられる。
  変動金利より割高ではあるが、今後金利の上昇が予想され、長期に
  渡っての返済計画を考えた場合、検討の余地は充分にある。

4、 ローンを組まない
  低金利時代と云っても、高額な融資を長期間利用すれば、相当額の
  金利が発生する。持ち家のある人は建替えを考える前に、改修工事
  の可能性を考えるべきである。新築より遥かに安く希望する性能を
  取得する事が可能であり、省資源の時流にもマッチする。

5、 分築
  ライフサイクルに応じ、必要なスペースを順次建設していく方法。
  小額を短期で借りれば、利子返済が少なくて済む。返済完了後すぐに 
  新たな融資をうけて、増築に取り掛かり、ライフサイクルにマッチした家
  をいつまでも綺麗に住む方法として、注目されている。
  筆者も分築の経験者で、減価償却と共に減少する建物の不動産価値を
  落とす事なく、高額での売却を経験している。

  http://www.kcn.ne.jp/~oado/back-n.htm