トップページへ


ケーススタディー システマないキッチン

自分流のキッチンを造る


ローコスト住宅


住宅の多様化はキッチンにも及んでいます。家具調の高級キッチンや、ステンレスの持つ機能美を
優先した様なキッチン。住まう人の感性に合わせて、キッチンもコーディネイトする時代が来ています。

多様性に富んだキッチンが数多くのメーカーから出ていますが、建物とキッチンのデザインを統一する
までには至っておりません。少々機能性が劣っても、少々手入れが大変でも、毎日立つキッチンです、
自分の感性に合うキッチンにしてみませんか?

そこにいるだけで楽しくなるキッチン、家の中心となるキッチン、システムキッチンへのこだわりを取り去れば あなたの為のあなただけのキッチンが出来上がります。



疎外感を感じないキッチン





台を24mmの構造用合板で作製し、その上に9mmの構造用合板を置いて、その上にメラミン合板で仕上げをしました。サイズ=高さ:90cm幅:280cm奥行き:120cm

扉は一切設けず、市販の引き出しをキッチン下に納めて使用する予定です。
裏側は、収納棚でも椅子でも入れられる様に必要最小限の仕切りのみとしています。
椅子もテーブル椅子でなく、収納庫を兼ねた箱型の椅子なんて面白いかなと考えています。

これをリビングの中央やや右よりに配置します。キッチンに置きません。リビングに置くのです。
忙しい時はこの大きなキッチンが食卓代わりになります。又日常生活を支える作業台としても使います。
家族がこのキッチンの廻りで生活するのです。
昔風に考えれば、現代版の囲炉裏端です。明治の頃までは民家では囲炉裏の廻りが台所であり、食卓であり、居間でした。
日本人はこの生活に慣れているハズです。抵抗無く受け入れられると信じています。
母親にだけ、炊事を押付けないキッチンとして期待しています。



お施主様のホームページより




キッチンを部屋に合わせる






通常のキッチンメーカーには寸法の規格があります。概ね関東間サイズの家でしたら、無理なく収まる寸法で構成されています。I型キッチンの2400サイズとか2550サイズとかがそれです。
しかし、関東間サイズでなかったり、モヂュールを無視した間取りには中途半端な隙間が出来てしまいます。今まではサイズが無いから仕方が無いとか、オーダーすると高いので我慢しようとか半ば諦めかけていましたが、システムキッチンにこだわらなければ、簡単に思い通りのキッチンが出来上がります。

ここに紹介しているキッチンは、大工さんのハンドメイドです。ディティールのデザインは工業製品に及びませんが、なんとも云えない手造り感の風合いがあります。なによりも部屋の大きさ合わせてキッチンを造る事が可能です。カップボードや家電収納庫によって、デッドスペースになるようなコーナーも余すところ無く利用出来ます。


ワークトップにこだわる


キッチン製作会社にお願いして、各キッチンメーカーのパーツを集め、オリジナルなキッチンとして、センチ単位のサイズの変更に対応して頂きました。
今回は、流司台と調理台を切り離し、ワークトップ面の高さを微妙に変えています。調理台は俎板や鍋を使用しての作業が多い為、やや低い目のワークトップとし、流司台はシンクとの関係からやや高いめに設定しています。


対面型キッチン

対面型キッチン。上記同様各キッチンメーカーのパーツを集めたオリジナルキッチン
コンセプトは誰にでも違和感無く、普通に立てるキッチン。奥様は、娘さんとの共同炊事を楽しみにしておられます。