トップページへ

大量一括購入を模索する

1、コーポラティブハウス
  兄弟・親戚や気の合う人達で共同で家を建てる方法。一般的には
  マンション等で活用される。基本構造や設備配置等は固定されているが
  それ以外はクライアントの自由意志で決定できる。

2、スケールメリット
  多品種を少量ずつ購入するより、少品種を大量に購入する方が
  安くなる。内装を統一して、品種を減らし数量を多くする。
  工種を減らして一工種当たりの仕事量を増やし間接経費を減らす等
  が考えられる。

3、土地の集団購入
  コーポラティブハウスの発想を戸建住宅に活用する。数人で共同組合
  を組織して、資金調達から土地の購入・建設までを共同で行う。
  一人では大きすぎる土地も共同購入すれば無駄なく利用出来る。
  又、変形敷地は土地利用が難しく土地値が相場よりかなり安い。
  自分達の活用しやすい様に土地利用計画を立て、共同購入すれば
  ローコストで優良な環境が手に入る。


ローコスト住宅, 注文住宅, 大阪, 低価格住宅, 建築設計事務所, 外張り断熱, 住宅性能評価
ローコスト住宅, 注文住宅, 大阪, 低価格住宅, 建築設計事務所, 外張り断熱, 住宅性能評価