トップページへ無料相談実施中→→→メール:oado@kcn.ne.jp  TEL:06-6714-6693



高断熱の家


メールによる相談がご縁で 設計監理のお仕事を頂きました。

定年を期に実家に戻られ新築を決断されたアフレッシュホームです。

この敷地は大阪郊外の丘陵地にあり、敷地の高低差も少なく、正方形に近い 地型です。
風の通りが良く、夏は快適なのですが、冬場の隙間風対策が必要ですので、 性能評価では最高等級の 温熱等級4の取得を目標としています。


お施主様のホームページ


家造りの思い立ちから、土地探し・
建築家選び・工事中の心境・
住み心地等、家に対する思い入れ
を綴られています。






外観



概要

構造:木造
規模:地上二階+ロフト
敷地:194.81u(58.93坪)
延べ面積:101.03u(30.5坪)
工事費:(一般公開しておりません)

主な外装
屋根:ガルバニウム折板葺
外壁:モルタル下地吹付

主な内装
床:無垢フローリング
壁:調湿系塗り材
天井:調湿系塗り材

施工:吉岡木材




玄関入り口


設計住宅性能評価書取得済み

耐震等級:3
耐風等級:2
火災等級:1
劣化等級:1
維持管理等級:2
温熱等級:4
空気環境等級:3
光視環境:単純開口率28%以上
高齢者等級:3





リビング

(住宅性能表示制度第4回検査風景)




キッチン・キッチン裏カウンター



吹き抜け



吹き抜け



二階より吹き抜けを見る



階段廊下



寝室
工事中の写真




思い出多き、以前の家




地盤調査風景


掘削

掘削工事

7/15 工事着手しました。
地盤改良の後床付け作業をしています。


配筋状況

基礎配筋

7/20 基礎配筋完了

配筋検査

基礎検査風景

建設評価第一回目の検査
です。
その後ベースコンクリート打設しました。


コンクリート打ち

基礎コンクリート打設

7/25立ち上がり部分の
コンクリートを打設しました


コンクリート打ち

基礎コンクリート打設
近景


上棟

上棟風景

7/31上棟しました。

ここまでは一般の住宅と
同じです。
基礎はベタ基礎でネコ
土台を仕様する為換気口
はありません。


基礎断熱

基礎断熱工事

8/8基礎断熱工事完了
床下も部屋内と同じ環境
にする為、床裏ではなく
基礎に断熱を施します。

スチレンボード50mmを
外部から1mの範囲で施工
します。


中間検査


中間検査風景

建設評価第二回目の構造検査です。
建設評価はこの後、断熱
材のチェックを行う第三回
目の検査・完了時の第四
回目の検査と続きます。


外壁下地


外壁下地貼り完了

気密精度を増す為、合板の継ぎ目に、気密テープを張ります。
継ぎ目の他開口部廻りやスリーブ孔周りにも張りまわして行きます。


気密測定

気密測定

グラスウールを施した後、気密測定を行いました。
結果はC=1.3cm2/m2で
北海道地域の次世代基準
2.0cm2/m2をもクリアーしました。


下塗り

外壁左官工事下塗り完了


階段

階段取り付け完了




内装仕上げ完了

壁・天井共しっくい塗り




足場解体完了

外壁ジョリパット仕上げ




同 上




外構工事




換気ガラリ機能付
雨戸