●■●■●■●■●■●■● Weekly Green House ●■●■●■●■●■●■●
ヤフー知恵袋で建築専門家回答者として、1200件の質問に答え、900人以上の方から
ベストアンサーに選ばれているカリスマ建築家 福味健治 のメールマガジンです
●■●■●■●■●■●■●●■●■●■●■●■●■●●■●■●■●■●
------------------------------------------------------------------------
★床暖房の話し
------------------------------------------------------------------------
●床暖房の比較
先日来、クライアントの要請で、床暖房の比較検討をしています。 床暖房は、床周辺を
暖めてくれて、暖房としては理想に近い方法です。しかし 日本の今風な建築に使用
しようと思えば、注意する処が多々あります。

●床暖房の種類
最も主流なのが、フローリングの直下に 熱源を持ってくる方式。大別して電気で 暖める
方式と温水で暖める方式があります。 電気はニクロム線を用いるものや、
セラミックヒーターで暖めるものがあります。
温水の方はもっと豊富で、ガス、ガスヒートポンプ、ガスコ・ジェネレーション ヒートポンプ、
深夜電力利用温水、灯油、などが一般的です。 体感した私の判断ですが、電気式の
場合は床面の温度差にムラがある様な 気がします。温水式の場合はムラは少ない様に
思いますが、メンテナンスに 不安が残ります。

●床材との相性
フローリングも指定の合板フローリングがあり、無垢材を用いても良いと宣伝 している
商品は非常に少ないです。 それ以外の床暖房として、床下にファンヒーターを設置して
基礎のコンクリート に蓄熱し、その輻射熱で家全体を暖め様とするものがあります。
この方法は機密性の高い外断熱方式の住宅に向いています。 又、最近地中に熱源を
埋設し、地熱を利用しながら床面を暖房しようと する方式も開発されています。

●性能を把握する
全ての製品において云える事ですが、どの製品にも一長一短があり、 いずれ改めて、
一覧比較みたいな特集を組みたいと思います。 構想を練りまして、寒くなる前には
発表したいと思います。


住宅無料相談受け付け中です。下記メールアドレスよりご相談下さい。
oado@kcn.ne.jp 岡田一級建築士事務所 福味 健治 迄

●■●■●■●■●■●■● Weekly Green House ●■●■●■●■●■●■●
週刊グリーンハウス http://www.jin.ne.jp/oado/
このメールマガジンは、まぐまぐで購読登録された方及び、週刊グリーンハウス
にお問い合わせくださった皆様にお送りしています。
●■●■●■●■●■●■●●■●■●■●■●■●■●●■●■●■●■●

ローコスト住宅と注文住宅の岡田一級建築士事務所