トップページへ

  • 住宅性能表示制度とは


住宅性能表示制度は平成12年4月1日に施行された「住宅の品質確保の促進等に関する法律」に基づき、同年10月に本格的に運用開始された新しい制度です。

住宅性能表示制度を活用すれば、住宅の性能を9項目に渡り公的な第三者機関が客観的に数値で評価をしてくれます。

工事請負契約書に設計住宅性能評価書を添付すれば、それが契約条件となり、望み通りの性能が確実に施工されます。


万が一施工者と訴訟事件が発生しても評価機関が1万円で調停に入ってくれます。
ローコスト住宅, 注文住宅, 大阪, 低価格住宅, 建築設計事務所, 外張り断熱, 住宅性能評価
ローコスト住宅, 注文住宅, 大阪, 低価格住宅, 建築設計事務所, 外張り断熱, 住宅性能評価