大阪/設計事務所/岡田一級建築士事務所

ようこそ!岡田一級建築士事務所です^^


■岡田一級建築士事務所■

住まいについて相談など御座いましたら何でもお気軽にお問合せ下さい
ホーム 建築家と共に造る住まい 家造りを始める時何をしますか? 施工例と共にお客様の声をご紹介します お気軽にご連絡下さい

天然素材の良さは見た目だけではありません

安心安全な住まいにするために各種制度を活用しましょう

夏は涼しく冬暖かい家を造りましょう

家族の生命を守る家を造りましょう

失敗事例から学ぶ失敗しない家造り

読売新聞社主催マイベストプロ

こんにちわ、こみどりちゃんです

charactor design by ikuko fukumi

■自然素材にこだわる理由

1、飽きの来ない家造りの為

奈良や京都に何故観光客が集まるのでしょうか。
有名な社寺仏閣があるから?日本の歴史が凝縮されているから?
それもありますが、それだけではリピーターは訪れません。

私が奈良や京都へ何度も訪れる理由は町の雰囲気に浸る為です。そこには多くのホンモノが残っているのです。
ホンモノの板塀、ホンモノの漆喰、ホンモノの瓦、ホンモノの石畳等々です。日頃人工物の中に身を置いていますので、余計に心が安らぎます。
住まいを考える時、このホンモノを大切にする心が飽きの来ない家造りにつながっているのです。
例えば、写真に見える板塀がもしも新建材で作られていたら魅力を感じるでしょうか。年を経る毎に風合いの増す自然素材だから魅力を感じるのではないでしょうか。

この写真は古くなって接着剤が剥がれてしまった合板フローリングです。これでも発売の当初は「汚れない、キズつかない、色褪せない」をキャッチフレーズにヒット商品になったフローリングです。確かに汚れず、キズはつき難く、色褪せしませんでした。しかし飽きてしまうのです。
この新建材は、接着剤が剥がれなくても張り替えられてしまう運命だったのです。
この写真は無垢の木のフローリングです。節だらけで値段は合板フローリングと変わりません。
その上汚れますし、キズつきますし、色褪せも激しいです。しかし、手入れ次第で一生使える床板です。ついてしまった汚れやキズは年を経るにつれて風合いへと変化します。
キズのひとつひとつがその家の歴史になるのです。

2、化学物質対策

星が4つあれば、建物の使用に制限のない証しです。しかし化学物質がゼロである訳ではありません。合板は防腐剤として化学物質を使用しています。 厳密に自然素材にこだわろうとすれば、一切の合板は使えない事になります。
合板にも剛性や変形し難いと云う、良い特徴もあります。
合板だけに関わらず、家の中には化学物質が充満しています。家具や日用品には化学物質の制限がありません。シロアリ駆除剤も多くは化学物質です。
肝心なのは、化学物質が室内に放散され難く、放散してしまった化学物質を効率よく排出する事だと考えています。

仕上げ材を、無垢の木や漆喰などの自然素材で覆い、直接表面から化学物質が空気中に拡散する事を防ぎ、換気システムの効率を上げる事で化学物質対策は克服できます。

3、アレルギー対策

アレルギーは人により、様々な原因で発生します。
代表的なのは、化学物質、花粉、ハウスダスト、電磁波、ペットの体毛等々です。これらの中で電磁波を除く殆どの場合は空気を清浄に保つ事により対処可能です。
24時間換気の主流は強制排気・自然給気の第三種換気と呼ばれる換気方法ですが、第三種換気では外部から侵入するアレルギー物質を排除出来ません。
強制排気・強制給気の第一種換気を家全体で行える換気システムが重要になります。
強制的且つ計画的に換気を行おうとすればダクト換気に目が行きますが、給気にダクトを用いればダクト内にカビが発生した場合、家中にカビ菌を撒き散らす結果となります。
その危険を回避する為、給気にダクトを用いないシステムも開発されています。
自然素材を多用して化学物質の拡散を抑え、計画的な換気対策でアレルギー物質を排除します。
電磁波対策には、電気配線の系統を出来るだけまとめる様に配置し電磁波シールドクロスで被覆します。

4、自然素材の価値

新建材は経年変化に強く、汚れにくく、腐朽し難い建材です。しかし文化的価値に乏しい材料でもあります。例えば京都の清水寺が新建材で覆われていたら、あれだけ多くの観光客を集める事が出来るでしょうか。自然素材の持つ風合いや質感が文化的価値を高めるのです。

自然素材は資産価値も高めます。
京都嵐山にある落柿舎は、庶民が暮らした江戸時代の民家です。藁ぶき屋根に土壁と云った質素な材料しか用いていませんが、250年間の歳月を経て今なお現存しています。
自然由来のものに耐用年数と云う言葉は似合いません。物理的な耐用年数はあるでしょうが、文化的な価値に耐用年数はないのです。
自然素材にはその魅力が備わっているのです。

はじめの一歩です。まずはご連絡を

岡田一級建築士設計事務所のWEB情報誌
こだわりの住宅情報誌、Web週刊グリーンハウスは 岡田一級建築士設計事務所の機関誌です
週刊誌の様な手軽さで住宅情報を読む事ができます

 

ユーザーと専門家を縁結びする住宅ポータルサイトです
簡単検索・登録自由、利用者と共に成長して参ります
 

Copyright(C) 1998 by Okada Architecture Design Ofice. All rights reserved.
                       このサイトの記事・写真・図面等の無断転写を禁じます