トップページへ

 火災時の安全。

この項目の趣旨は火災の早期発見と建物の燃え難さを数値化する事です。
但し、燃え難さとは隣家からの延焼を対象としており、内部からの失火は
問われていません。内部の燃え難さは建築基準法の範疇との考えです。

早期発見の指標として感知警報装置設置等級が4段階あります。
等級4は自動火災警報装置を全居室・台所・階段に設置。
等級3は住宅用火災警報装置を全居室・台所・階段に設置。
等級2は住宅用火災警報装置を台所と1以上の居室に設置。
等級1は2に満たない仕様
となっています。

残念乍ら火災保険が安くなる動きは今の処ない様です。情報が入り次第ご連絡します。

燃え難さの指標として開口部耐火等級開口部以外耐火等級があります。
開口部耐火等級は3段階で等級3は延焼の恐れのある部分の開口部を特定防火設備(60分以上の遮炎性能のあるもの)を設置。
等級2は延焼の恐れのある部分の開口部を防火設備(20分以上の遮炎性能のあるもの)を設置。等級1は2に満たないもの。となっています。

延焼の恐れのある部分とは、建物の外壁面と敷地境界線の距離が1階で3m、2階から上の階に付いては5m以内にある、部分を指します。隣家との距離が離れている程、類焼から免れ安いのは簡単に想像できると思います。ですから、延焼の恐れの無い部分に付いては該当部分なしと表現されます。
特定防火設備とは旧建築基準法(以下旧法)の甲種防火戸の事でガラスは認められません。という事は真っ暗は部屋が出来てしまう・・・?
この場合は窓ガラスの外側に特定防火設備をつければ良い事になっています。
例えばサッシュの外側に甲防シャッターとつけるとかetc。

開口部以外の耐火等級は4段階で
等級4は耐火構造(60分の耐火性能を有するもの)
等級3は準耐火構造(45分の耐火性能を有するもの)
等級2は防火構造(20分の耐火性能の有するもの)
等級1は2に満たないものとなっています。
サイディングのカタログ等には必ず防火構造とか準耐火構造とか表現されています外壁材決定の際の目安にして下さい。軒裏とか屋根も対象となりますのでご注意。
ローコスト住宅, 注文住宅, 大阪, 低価格住宅, 建築設計事務所, 外張り断熱, 住宅性能評価
ローコスト住宅, 注文住宅, 大阪, 低価格住宅, 建築設計事務所, 外張り断熱, 住宅性能評価