トップページへ

>
土地探しの新しい方法
(土地の共同購入)



土地の購入方法にこんな、方法があっても良いのでは・・・。戸建て住宅の独立性と
マンションのコモンスペースの豪華さを、合体させたご提案です。



左の画面は大阪北部に実際にある土地の土地利用計画図です。

南側の4m道路に10m程、接道しているだけの土地です。従来の宅地割で考えると、ご覧の様に、道路に面しているのは、1区画のみで、奥の2区画は専用通路での接道にしかなりません。

当然乍ら、奥の宅地は直接道路に面していない、車の出し入れが難しい等の理由で敬遠されます。
建売業者が購入を検討しても、上記がネックになって手を出さないのが普通です。
土地を買ってしまってから、建築主を探すのではリスクが多きすぎます。

土地を処分しようと売主が売り急いでいたら、どうしても通常より安い値段で売りに出さなければ処分できません。
ですから、周辺の住環境が整っていても、比較的安価に購入出来る可能性が開けます。

土地購入希望者が、事前に揃っていると土地をどの様に利用するか、前もって色々な話し合いが出来ます。
左の画像はその一例です。

従来の専用通路は設けず、道路に近い部分を進入路と駐車スペースに利用します。奥には3件が共同で使うポケットパークを配置します。
ポケットパークにはシンボルツリーやベンチを設けて木陰と休憩場所を造ります。
小さな子供を安心して屋外で遊ばせる事の出来る空間が出来上がるのです。

戸建て住宅の独立性と、マンションの快適性を兼ね備えた新しい住環境の演出を考えています。


使い道が無いような土地も、もしそこに住みたい人が集まれば、知恵を出し合って
住み良い環境が出来上がります。
家を欲しい人が集まれば安価で良質な土地が手に入る可能性があるのです。
コーポラティブハウスの戸建て版をイメージして頂いたらご理解頂けるでしょう。

道路形態の専用通路を作ってしまえば
不毛なアスファルトの行き止まりの道が
出来てしまいます。
専用通路に、キチンと意味を持たせて
やれば、今までに無い住空間が出来上がります。

メリットはそれだけではありません。個別に建物を建てる場合と違い同時に複数戸
建てれば、スケールメリットが生まれ建築単価を押さえる事も期待出来ます。

また、一家族なら、知らない土地に移り住む不安感や、近所付き合いの難しさ
を経験するでしょうが、複数で入るとその辺の問題も随分楽になります。

今すぐでなくても、いつかはマイホームと思っているあなた。
単独で理想の土地に巡り会うのは、大変な努力と苦労を伴います。
パートナーを見つけて共同購入を考えてみませんか?
メールでお気軽にお申し込み下さい。下記のリストに掲載致します。







一度パートナーを組んでみたいと思われる方、新たにパートナーを探したい
とお考えの方、お気軽にお申し込み下さい。


お便りお待ちしています。⇒
ローコスト住宅, 注文住宅, 大阪, 低価格住宅, 建築設計事務所, 外張り断熱, 住宅性能評価


関連図書)
http://www.kcn.ne.jp/~oado/lowcost14.html
ローコスト住宅, 注文住宅, 大阪, 低価格住宅, 建築設計事務所, 外張り断熱, 住宅性能評価
ローコスト住宅, 注文住宅, 大阪, 低価格住宅, 建築設計事務所, 外張り断熱, 住宅性能評価