大阪心理療法センター PAGE TOP

当センターでは不安障害、パニック障害、解離障害、うつ障害などの神経症や様々な心身症を、認知行動療法、力動的心理療法、催眠療法などを駆使して治療します。

大阪心理療法センター(統合心理催眠療法)

当センターでの治療の特徴

当センターでは、最近とみに増加しつつある 不安障害 パニック障害 解離障害 うつ障害 PTSD 心身症 などを治療対象とし、症状の背後にある心を理解しようとする 分析的洞察療法 と、症状の直接消去を目指す 認知行動療法 を統合的に併用し、これに 催眠法 を加えて効果促進を図る治療法を目標としています。

しかし、心理療法は患者さん本人に、治ろう、成長しようとする意欲のあることがとても大切です。この意欲のない人や重い人格障害の人は治療困難です。治療法の詳細については所長の著書 “クリニックの選び方” が参考になるでしょう。
治療は所長(高石クリニック理事長が兼任)と臨床心理士が担当します。

このページの先頭へ