マンドゥ・ゴーナム

1950年エジプト生まれ

まだ、世界で免疫学が一般でない頃に、放射線が人間の代謝機構や免疫系組織
に対してどのような影響を与えるのかに興味を持ち、エジプトMansoura大学で
理学部修士を取得後、唯一の被爆国である日本に留学、東京大学理学部博士
過程に入る、顕微鏡の世界を観察するうち、ガン細胞がNK細胞を食べる
(貪食作用)を発見。観察研究を続けがん細胞が赤血球なども食べることも発見し、
学会で発表しセンセーショナルを引き起こす。その後、がん細胞の貪食作用を
ブロックする物質や方法の研究に没頭し、まったく副作用のない免疫調整物質の
「アラビノキシラン」に出会う。数多くの臨床結果をえて、現在もアラビノキシラン
の研究を続けている。人間の免疫力が精神状態と密接な関係を持っているなどの
研究も続けている。

カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)DREW医科大学免疫学教授

臨床免疫学会会員・神経生物学教授・放射線研究学会会員

自然免疫学会会員

1993年アメリカ栄養大学がん治療センターからガン研究における優れた業績に
より表彰される。

チェルノブイリ原発問題に対してロシアより要請があり、研究に従事


アラビノキシランを含む大和薬品の植物繊維含有食品「レチシンプラス」にご興味のある方は
資料請求コーナー
ご覧下さい。資料コピー類は無料・ビデオは1,000円・「抗癌力」の本は
              15,00円(送料は私が負担します)で送ります

 マンドウ・ゴーナム署
帯津良一監修
  株式会社主婦の友社発行  15,00円